ダラダラ大好き妄想族なダメ人間が自由気ままに書き記します。リンクフリーですが、ぜひ相互リンクして下さい~コメントもお待ちしております。


by oddochan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

若き日の思い出。

ホットケーキを手で食べます。ミカンを10個食べました。
HO(引きこもりoddo)です。


今から、約15年前一人の美少女(約5~8才くらい)が田舎道で自転車をこいでいた。






もちろん私のこと。

その時の私は自転車に乗って、ピアノ教室に向かう途中だった。


その後ろからもハナタレ坊主が姉に追いつこうと、懸命に自転車をこいでいる。
もちろん弟のこと。

『ちょっと、早く!!ピアノに遅れちゃうよ!』

前を走っていた私は弟に声をかける。


『う、うん。』

弟は返事をしながら、着いて行こうと一生懸命だった。気がする。


ここで思い出して欲しい!子供の頃って、誰でも自転車に変わった乗り方したくならない??

みんなも消えそうな記憶を脳みその中からつまみ出してみて!例えば、手を離して乗ったりとかしたでしょ?えっ、してない??いやいや、ウソだよ~!絶対したって!!

記憶違いだからさ。したから!ねっ、したから!!覚えといて!


私もしたから。

もちろん、その時の私も手放し運転とかしていたと思う。


でも、その他にも自転車をめっちゃこいで、足をハンドルの真ん中にのせて、風をきる!風になる!

っていう乗り方にハマっていた。

もちろん、その時の私もしていたと思う。


しかし、その時の私違った!一味違った!!


めっちゃ自転車をこいでて、スピードにのった私はその足をのせる場所を何故か、ハンドルの上じゃなく、前輪の横の部分にした。ようだ。
(前輪が回る時の軸になる部分。わかるかなぁ?)

何でか!何でなのか、私!!何故、そんな危険なところに・・・・。当時の私を説得したい。


勢いあまった私の足、もちろん前輪にハマった。

自転車、強制急ブレーキ!完璧に自転車止まる。


しかし、止まるだけじゃなかった。そのすごいスピードの勢いあまり過ぎて私、飛んだ。

いや、正確には前輪を軸にして、前回り!強制的に前回り!!しかも、空中で。宙返り。


もちろん、地面に落ちた瞬間、私は全身強打。車が来なかったのが不幸中の幸い。

しばらく動けない私。


一部始終見ていた弟は私にやっと追いついてきたが、周りでオロオロしているのみ。

『お、おねぇちゃん大丈夫・・・・?』

一応姉としてのプライドがあるため、私は
『だ・・・大丈夫だよ・・・・。』

と答えたものの、そんな心配されてもそれ以上、返事できない!ってか、呼吸できない!!動けない!


もうね、田舎道で、寝っ転がって休憩ですよ。一応コンクリートで固められた道だったけど、そんなのお構いなし。ってか、動けないし!ピアノなんて弟のことなんて、脳内からぶっ飛んでますよ!!

『大丈夫・・・?動ける??』

なんて、今とは正反対に優しい弟だったが、私はもはやシカト。ってか、返事できないし!


多分、5分くらい睡眠。道路=布団になっていた。


その後、何とか起き上がれた私は全身打撲・・・。か、からだ痛い。動きたくない。

それでも迷惑はかけられないと思った健気な私はピアノに向かったのでした。



 
↑いつもありがとうございます!調子にのってもう1コ参加してみました。


こんなおてんばな私は、明日新宿駅らへんで、『水分を含むと発熱する綿を通行人に体験してもらう』バイトをしているはずです。
13~19時くらいにサンタみたいな帽子に、赤いエプロン&スカーフを巻いている、ちっこい子がいたら私なので、暇な人は見つけてみて下さい!
[PR]
by oddochan | 2007-12-13 23:51 | 自分