ダラダラ大好き妄想族なダメ人間が自由気ままに書き記します。リンクフリーですが、ぜひ相互リンクして下さい~コメントもお待ちしております。


by oddochan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

気まずい話。

定期券を買いに行った。話題のPASMO♪

定期券売り場、長蛇の列。。ウザイ。仕方なく並ぶ。

後ろの男がちょっと気持ち悪い。「お前近いよ。はやる気持ちはわかるけど、もっと離れろよ!!」と思った。

ついに私の番。1時間近く待った。ふぅ。これで後ろの男ともおさらば出来るぜ!

順調に操作を進める駅員さん。入力を終え、スタートを押す駅員さん。そして・・・



ピーピーピーと異音と共に、私の書いた定期申し込みの紙を吐き出す機械。

再チャレンジする駅員さん。受け付けない機械。
再々チャレンジする駅員さん。全くもって受け付けない機械。
再々々チャレンジする駅員さん。全くもって受け付ける気配のない機械。

機械を調べだす駅員さん。どっかに電話をかけて機械の操作を聞く駅員さん。他のお客さんからの目線が痛い私。。

他の人もかなりの時間並んでいたため、明らかに機嫌が悪い。
とても気まずい私。何をしても異音を発する機械。

私がもしや電話番号を間違えて書いちゃったのか??実は前の定期券まで年齢をごまかしていたから、それが原因か!?

結局は機械の故障らしく、駅員さんが「他の駅でも定期券を買えるので、この切符で他の駅まで行き、買える方はお願いします。」と謝りながら、切符を配りだした。

何回繰り返しても、機械を再起動させてもダメなものはダメらしい。。私はもはや気まずすぎて、早くその場を去りたかったが、お金を渡してしまい、さらに意地も手伝って、ずっと待っていた。

B系な男の子が「あの人長くない!?俺、お腹すいちゃったよ~」と言い出した。
私のせいじゃないんだよぉ!!

最後に
「PASMOではなく、磁気のなら出せるのですが・・」
「磁気でお願いします!!」

定期券をもらい、駅員さんたちに謝られながら、その場を足早に去る私。つ、つらかった。

今日は良い経験をしたと思おう。きっと私の気まずい状況に慣れるレベルは上がったはずだ
[PR]
by oddochan | 2007-04-11 22:55 | 日常